クルド人勢力拡大により、トルコのエルドアン大統領は動く(2018年1月)平成30年

 トルコがシリアに越境し、クルド人勢力【Rojava】への攻撃を本格的に開始しているそうです。

 一連のイスラム国絡みの紛争で、クルド人はなし崩し的に利益をえており(たくさん死んでますけど)、ここで彼らを押さえつけることが、トルコ、イラン、イラク、シリア、という周辺諸国共通の利益になっている、という面倒な前提があります。トルコとイランはそんなに仲良くありませんが、ロシアによる両者の仲介が事実上クルド人の最大の頭痛の種でしょう。

 そして、カナダがイラクのクルド人自治区に駐留継続を前向きに考えてはいるものの、本気でクルド人のために戦争をやるつもりなどあるはずがなく、もはやはどれだけクルド人が減るかというところに注目点があるという状況かと思います。

 

「誰も本気でワシらを助けるつもりはなかったんじゃ……」

そんなことはみんな知っていたのでは……(2018年1月)平成30年

 希望「分党」検討不可避の見方も 安保関連法など意見一致困難 | NHKニュース

松沢氏に対しては、先に玉木代表が党を分ける「分党」を提案した経緯があることから、党内では、意見の一致は難しく、改めて「分党」を検討することになるのは避けられないといった見方も出ています。

 

 いや、あの、去年の選挙後から、もう避けられないとみんなわかっていたと思うんですが……。

徴兵制ねえ……(2018年1月)平成30年

 フランスの大統領が徴兵制復活をあらためて表明したそうで、普段「フランスはこのように進んでいるのに、日本は遅れている」的な発言をしている人たちにはぜひ「日本もフランスを見習って徴兵制を復活しよう」と提言していただきたいものです。自分に都合の良いときにだけフランスを下品に使うのはやめましょう。

 それにしても、フランスももうネタ切れですね。
 いろいろやったけれど、そろそろ本格的にフランスというブランドは崩壊していきそうです。

それでどうするんです??(2018年1月)平成30年

 母親を呼び出し交際迫る 高校教諭を懲戒免職 秋田 | NHKニュース

母親が高校の校長に相談して問題が発覚

中学生は精神的なショックを受けて、今月30日に予定されているこの高校の前期選抜試験の受験を辞退

教育次長は19日に会見を開いて、「教育に携わる公務員としてあってはならないことであり、被害に遭われた女性とそのお子さんに深くおわびします」と陳謝

 

 おやまあ

 前期選抜試験ってことは後期が別にあるのかどうか知りませんけれど、どちらにせよこの子が後期でも公立に受からなかったら、私立高校の入学金とか学費はどうするんです? 無償化やらなんやらありますが、全部もらえるわけじゃないでしょうに。(たいていは私立に受かっていると思いますが、秋田だからそもそも高校が少なくて受かってないかもしれぬ……)。

 教育次長はなにひとつ語っていませんが、教育費用を行政で負担してやっている分が多いから慰謝料はいらんやろということなのか。うーん……。

ここ最近、韓国の現大統領ほど足元をすくわれそうな人を見ていない(2018年1月)平成30年

 ここ最近では、韓国の文在寅大統領ほど、足元をすくわれて、あっさりと消えていきそうな人を見ていないです。

 どのように消えていくか、韓国の大統領は毎回これが見どころのメーワクな芸人のようなものなので(最後は自殺したりするのでイヤな余韻を韓国の社会に与えてますます国を悪くする)、あまり気にしたくはありませんが、まあ、ダメですよね。