キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会が、ブルガリア正教会がマケドニア正教会を“承認”しようとしていることについて懸念を表明(2017年12月)平成29年

 (ギリシャ語)ΔΙΣ: Η επέμβαση της Εκκλησίας της Βουλγαρίας αντίκειται στους Ιερούς Κανόνες
 (英語)Greek Synod says Bulgarians acting against holy canons in case of Macedonian Church / OrthoChristian.Com

 

 ブルガリア正教会が、セルビア正教会から勝手に独立を宣言しているマケドニア正教会を、自身の傘下の自治的権限を持つ教会として認めようとしている問題について、ギリシャ正教会が懸念を表明。セルビア正教会の管轄権を侵害するのみならず「マケドニア正教会」という名称の教会が東方正教会で教会法上合法となる事態は、マケドニア共和国という名称について反対してきたギリシャ共和国のメンツをつぶすことにもなります。
 マケドニアとブルガリアの政教同調による今回の件について、ギリシャのチプラス政権は教会の国家からの分離(政教分離)を推し進めようとしてきたゆえに、この件についてマケドニアやブルガリアに積極的に抗議をすることもしにくく、弱い指導者という印象が強まり、ギリシャ情勢もさらに混迷していくものと思われます。ユーゴスラビア崩壊問題、いまだ終わらず広まるのみ。

 ロシア正教会およびロシア連邦も、セルビアとの連帯からマケドニアとブルガリアに対してなんらかの処置をおこなう可能性もありますが、そんな余裕はないかなあ

 コンスタンティノープルの全地総主教庁の指導力に期待する向きもあるようですが、ムリでしょう。
 トルコのエルドアン大統領がローザンヌ条約の改定について言及し始めた以上、ヘタすると全地総主教庁の聖職者を含むギリシャ系住民はイスタンブール(コンスタンティノープル)から追い出されるかもしれません。

トルコのエルドアン大統領がローザンヌ条約の改定をギリシャと協議したい模様(2017年12月)平成29年

 トルコ共和国大統領レジェップ・タイップ・エルドアン閣下(His Excellency Mr Recep Tayyip Erdoğan)が、ローザンヌ条約の改定をギリシャと協議したいらしいです。

 ローザンヌ条約といえば、われらが大日本帝国も調印国ですが、今回話し合いがあったとしてなんか呼ばれたりするんでしょうか。

 というか、エルドアン大統領は、どこの土地をよこせというのか、少し気になります。

キリスト教/“キエフ総主教”がモスクワ総主教に書簡を送ったそうですが(2017年12月)平成29年

 ロシアなどの報道によりますと、キリスト教/東方正教会の教会法上合法として認められていない(つまり、全地総主教庁および全地総主教庁とフル・コミュニオンの関係にある教会に含まれていない)“ウクライナ正教会キエフ総主教庁”のフィラレート総主教が、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)に書簡を送り、融和を求めたそうですが、なにか起こるのかといえば別に……。ウクライナの東方正教会の状況としていえば、クリミアの管轄権に関して、話し合う余地が全くないし。

 ただ、ブルガリア正教会がマケドニア正教会を傘下の教会として認めるやらなんやら(結局どうなったのかよくわかりませんが)、旧ユーゴ国際法廷で騒動があったりとか、東欧のキナ臭さが増していって、東方正教会がそれに関わっていくのではないかという様子はうかがえます。
 トルコ/イスタンブールの全地総主教庁も、最近予算が少ないのでは、と思われるフシもあり、東方正教会の大幅な再編から戦争騒ぎまで大きな動きにつながるかもしれません。
 しかし、なーんもかわらない可能性も高いですね