キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会が、ブルガリア正教会がマケドニア正教会を“承認”しようとしていることについて懸念を表明(2017年12月)平成29年

 (ギリシャ語)ΔΙΣ: Η επέμβαση της Εκκλησίας της Βουλγαρίας αντίκειται στους Ιερούς Κανόνες
 (英語)Greek Synod says Bulgarians acting against holy canons in case of Macedonian Church / OrthoChristian.Com

 

 ブルガリア正教会が、セルビア正教会から勝手に独立を宣言しているマケドニア正教会を、自身の傘下の自治的権限を持つ教会として認めようとしている問題について、ギリシャ正教会が懸念を表明。セルビア正教会の管轄権を侵害するのみならず「マケドニア正教会」という名称の教会が東方正教会で教会法上合法となる事態は、マケドニア共和国という名称について反対してきたギリシャ共和国のメンツをつぶすことにもなります。
 マケドニアとブルガリアの政教同調による今回の件について、ギリシャのチプラス政権は教会の国家からの分離(政教分離)を推し進めようとしてきたゆえに、この件についてマケドニアやブルガリアに積極的に抗議をすることもしにくく、弱い指導者という印象が強まり、ギリシャ情勢もさらに混迷していくものと思われます。ユーゴスラビア崩壊問題、いまだ終わらず広まるのみ。

 ロシア正教会およびロシア連邦も、セルビアとの連帯からマケドニアとブルガリアに対してなんらかの処置をおこなう可能性もありますが、そんな余裕はないかなあ

 コンスタンティノープルの全地総主教庁の指導力に期待する向きもあるようですが、ムリでしょう。
 トルコのエルドアン大統領がローザンヌ条約の改定について言及し始めた以上、ヘタすると全地総主教庁の聖職者を含むギリシャ系住民はイスタンブール(コンスタンティノープル)から追い出されるかもしれません。

2018年ロシア大統領選挙は3月18日。NHKは「クリミア併合の日だから」というが、実はこの日はキリスト教/東方正教会のシンフェロポリ・クリミア大主教を務めた聖ルカに関連する日である(2017年12月)平成29年

 一枚裏を知らないと何もわからない良い例のように思えます。

 2014年3月18日、当時のプーチン政権は、当初予定されていた日付をずらして、ロシア正教会が聖ルカ(もともとは有名な医者だそうです)にわりあてたらしい 3月18日 を併合の日にするよう各方面を調整しました。
 「そんなのに意味があるの?」というのは当然の疑問ですが、当時ギリシャの正教会メディアでは「聖ルカに祈ったらずっと治らなかった病気が治りました!」という奇跡がなぜかタイムリーにも掲載(=ロシアのクリミア併合を側面支援)されており、東方正教会圏内でシンフェロポリ・クリミア大主教であった聖ルカに対する崇敬はある程度広まっているのではないかと思います。であれば、この日にクリミア併合をおこなうプーチン大統領は実に信仰に厚い人物だという買い被りというかなんというかも期待できたはず。

 そして、今度の大統領選。
 同じ日付に選挙を持ってきました。
 クリミア併合の日だというのはその通りでしょう。
 しかし、本当に各方面に伝えたいメッセージは ↓ です。

 「神は言っている。プーチンに投票せよと」

 プーチンが死んだらロシア正教会はプーチンを列聖(=聖ウラジーミル)するのでは……。

 

 なお、聖ルカですが、クリミアで1996年の3月17日~3月18日に遺体(不朽体)が掘り出された時に、あたりにはかぐわしい香りが立ち込めたそうです。
 ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」では、皆に敬われていたゾシマ長老が、死体が早く腐ってひどい臭いがただよっただけで評価を下げてましたが……20世紀末でもロシア人は感覚が一緒や!

※この掘り出された日付と、ロシア正教会が指定している日付とその意味とがいまいちよくわからないので、一連の事情を少し勘違いしているかもしれないことを付記しておきます。

いまのところは拍子抜けの“エルサレム騒動”(2017年12月)平成29年

 掛け声は大きかったものの、そして抗議デモは多数起きているものの、イスラム系各国首脳が現時点で意味のある対応を取るとも思えない状況。

 サウジアラビアは、イエメンのフーシ派(もちろんイスラム教徒で、イランの支援を受けている)を攻撃していますし、UAEはそのサウジと密接な関係になる機関だかなんだかわからないですが国家連合に近づいていきそうなものを設立していく模様(面子を見る限りアブダビ主導)。カタールを攻める準備かもしれんません。

 トルコのエルドアン大統領は、エルサレムよりも、ギリシャから領土を奪うことが念頭にあり、そのほか親アメリカの国々の首脳や、アメリカの支援を受ける反政府組織もほとんどなにもしていない。

 この原因のひとつとして、そもそもイスラム教徒にとってエルサレムはそこまで重要なのかということがあげられるかと思います。重要だという前提で話が進んでいますが、実際はどうだか。
 もうひとつは、アラブ人の中の最下級戦士とされるパレスチナ人を助ける義理を各国があまり感じていないことではないでしょうか。イランにとっても、シーア派でもないパレスチナ人のために戦争をする気はないでしょう。

トルコのエルドアン大統領がローザンヌ条約の改定をギリシャと協議したい模様(2017年12月)平成29年

 トルコ共和国大統領レジェップ・タイップ・エルドアン閣下(His Excellency Mr Recep Tayyip Erdoğan)が、ローザンヌ条約の改定をギリシャと協議したいらしいです。

 ローザンヌ条約といえば、われらが大日本帝国も調印国ですが、今回話し合いがあったとしてなんか呼ばれたりするんでしょうか。

 というか、エルドアン大統領は、どこの土地をよこせというのか、少し気になります。

ロシアのプーチン大統領が、キリスト教/東方正教会の首座らと会合(2017年12月)平成29年

 2017年12月4日、ロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)は、キリスト教/東方正教会の首座らと会合しました。

 ロシア正教会では、1917年にモスクワ総主教座が復活し聖ティーホンが選出されてから100年の催しがおこなわれており、他の教会から首座や代表団がおとずれている模様(全地総主教庁とギリシャ正教会が来てませんが)。

 

President of Russiaさんのツイート: "Vladimir Putin met with heads of delegations of local Orthodox churches, who have arrived in Moscow to attend the celebrations to mark the 1… https://t.co/dIstfUxlAq"

 

 プーチン大統領は、同教会の、
 モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)、
 モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk)、
 および、
 アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)、
 アンティオキア・全東方総主教ヨウハンナ10世聖下(イオアン10世ジョン10世 : His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)、
 エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)、
 セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)、
 ルーマニア正教会の首座/ブカレスト大主教、ムンテニア・ドブロジャ府主教、ルーマニア正教会総主教ダニエル聖下(His Beatitude Daniel, Archbishop of Bucharest, Metropolitan of Muntenia and Dobrudgea and Patriarch of the Romanian Orthodox Church)、
 キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)、
 アルバニア正教会の首座/ティラナ・ドゥラス大主教アナスタシオス座下(His Beatitude Archbishop Anastasios of Tirana And Durres)、
 ポーランド正教会の首座/ワルシャワ・全ポーランド府主教サワ座下(His Beatitude Metropolitan Sawa of Warsaw and All Poland)、
 チェコ・スロバキア正教会の首座/チェコ・スロバキア府主教ラスティスラフ座下(His Beatitude Metropolitan Rastislav of the Czech Lands and Slovakia)、
 アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington)、
 ら各首座、
 ジョージア正教会【グルジア正教会】代表団のアハルツィヘ・タオ=クラルジェティ府主教テヴドレ座下(His Eminence Metropolitan Theodore of Akhaltsikhe and Tao-Klarjeti)、
 ブルガリア正教会代表団のロヴェチ府主教ガヴリイル座下(His Eminence Metropolitan Gabriel of Lovech)、
 と会合。

 

 (英語:ロシア大統領府【クレムリン】公式サイト)Meeting with heads of delegations of local Orthodox churches • President of Russia
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Президент России В.В. Путин встретился с Предстоятелями Поместных Православных Церквей / Новости / Патриархия.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Russian President Vladimir Putin meets with Primates of Local Orthodox Churches | The Russian Orthodox Church
 (英語:セルビア正教会セルビア総主教庁公式サイト)Russian President Vladimir Putin meets with Primates of Local Orthodox Churches | Serbian Orthodox Church [Official web site]