排除大好き小池都知事、ロシアが五輪から排除された今こそ「差別を認めない五輪憲章条例」(2017年12月)平成29年

 こうやって自分だけは立派に見せていき、支持者にアピール。
 それを不快に思う人たちとの分断を築き、社会を崩壊させていく。
 そして、自分に反対する人たちに対して「極右だ!」「ポピュリストだ!」「ファシストだ!」「ナチスだ!」「ヒトラーだ!」とかそんなん。これはヘイトスピーチではないらしいんですよ。
 欧米のまともなほうに分類されている政治家って、小池都知事みたいなのばっかりですよ、ホント。それにうんざりした人たちが……まあそういうわけです。だからアメリカもヨーロッパもムチャクチャになってる。
 日本がなんとかなっているのは、自民党がいるおかげで、自民党が崩れたら、もう終わります。
 小池都知事については、正直、いつ「五輪の開催を機に、地方に金を“盗まれている”東京は独立すべきだ!」とか言い出すかわかったもんじゃないです。大東京共和国ばんざーい!!

 それはそれとして、東京に北朝鮮の核弾頭搭載ミサイルが落ちると100万人が死ぬらしいですが、ロシアのものが飛んでくれば関東圏で1500万人くらい死ぬんじゃないでしょうか?
 東京五輪もロシアは来ないかもしれないし、そうなると、差別を認めない条例に従って、ロシア人を差別する差別者を罰する核ミサイルが飛んでくるかもしれません。
 さすがにそうなったら日本が終わりだなあ……。

 ……外国語、勉強しておきますか?

“決められたレール”(2017年12月)平成29年

 IOCがロシアを五輪から追放した件で、ロシアのエフゲニア・メドヴェージェワが「出たいです!」と訴えているようです(余談:メドヴェージェワはメドヴェージェフの女性形なので、メドヴェージェフ首相の超超遠い親戚かもしれんと思いましたが特にそういう情報は見当たりません)。
 これ自体は「がんばれ」としかいいようがありませんが、しかし前々から思いますが、本当に世の中は“決められたレール”ばかりだなと。

 “決められたレール”をとりあえず受験勉強→とりあえず就職活動への批判に使うというよくわからない慣例がかつての日本(今も?)にはありました。
 その最大の(あるいは最良とされた)レールが、東大法学部 → 大蔵省 → 事務次官 → 内閣法制局長官。
 (余談ですが、「希望の党」の共同代表選挙の立候補者は二人とも 東大法学部 → 大蔵省 でしたね)。
 この“決められたレール”のルートが、スポーツをやったら五輪で金メダルを目指そう、ということになるわけです(フットボール【サッカー】や野球はそうでもない?)。
 その結果、保守系の政治家などが、「“ブラック企業”だなんだと泣き言をいうな! そういうのを乗り越えたスポーツ選手が金メダルを手にしてるんだ!」と言ったりするわけですが、これは、保守系の政治家もまた(金メダリストと同じく)決められたレールの勝利者であることを考えると思想的には非常に理解しやすいパターンであるなあと(そんな感じのツイートをRTしていた某政治家は「希望の党」に行きました)。

 ……。

 ああっ、オチが思い浮かばない。

 ともあれ、みんな“決められたレール”が好きなんでしょうね。

ロシア副首相が辞任か? IOCの圧力、恨みがどこへ返るのか(2017年12月)平成29年

 ロシア連邦副首相ヴィタリー・ムトコ閣下が辞任を決めたようにとれる報道が出ています。
 この人はスポーツ関係の人で、「おまえはオリンピック関連の場所に二度とくんな!」とIOCがいってきたためですが、表向きの政府関係者の反応はともかく、ロシアの政治家は屈辱で怒りに打ち震えているでしょう。
 大統領選挙直前に副首相を辞任させにかかってきたIOC、この内政干渉にロシアがとれる措置があるのかないのかわかりませんが、ないかなあ。
 なんとか中国を怒らせずに五輪をつぶす方法を考えているでしょうが、うーん、北朝鮮にミサイル撃たせる?
 中国外務省がプーチンの立候補を支持するようなコメントを出したようですが、中国がプーチンを守ると表明しないと自己防衛のためにプーチンがなにをやらかすかわからないのか、あるいは五輪をつぶさない程度なら暴れていいよということなのか。

 ともあれ、一連のプーチン大統領の行動の原因のひとつが、1990年代のユーゴスラビア関連の戦争でロシアが徹底的にクソザコナメクジあつかいされたことにあることを思えば、15年後には今回の件が原因で戦争が起こっていてもおかしくありません。
 スポーツは政治スポーツは戦争スポーツは世界大戦。剣呑剣呑。

「冬季五輪」から「冷戦五輪」へ。またはグリゴリー・ロドチェンコフの暗殺される日(2017年12月)平成29年

 ドーピング問題によってロシアがオリンピックから締め出されることになりました。まだ一部選手がたわけた名前のチームで出場する可能性はありますが……。

 そして、これを受けて、ロシアの政治家はこの措置を批判。ゴルバチョフもコメントしてました。

 意見の相違はあれどロシアの政治家たちの思惑は「ともあれロドチェンコフは死ぬべきである」で一致しているはずで、アメリカで証人保護プログラムを受けている彼の暗殺が決定されているでしょう。

 証人保護プログラムといわれても、名探偵コナンでしか知らない身には、ロシアの諜報網と対峙できるものなのか判断できないのですが、しかし2018年3月(だったっけ?)に大統領選挙をひかえているプーチン大統領が、このままなにもせずにIOCに屈服することはありえません

 以下、ロシアがロドチェンコフを殺せるとして、いつ殺すか、という物騒な話ですが、

  • とりあえず選手は参加させておいて、ほとぼりがさめてから暗殺する。
  • 完全ボイコットし、開会前か開会式あたりに死体が転がり出るようにして、IOCにイヤガラセをする。

 ──という、おおざっぱにいえばこの二つのケースが考えられます。

 前者は、プーチン敗北の印象を薄れさせるにはインパクトが弱いのと、五輪後大統領選挙前に殺すとただのいいわけのやつあたりにしか見えないのが難点です。
 後者は、五輪自体の価値を下げるはめになり、メダルをたくさんとるはずの中国が怒る可能性があるという根本的な問題があります。現在、中国と本格的に争うのはロシアには不可能です。

 となると、タイムラインとしては、

  • しょうがないので選手だけ出す。
  • オリンピックとなにも関係ない方向で騒動を起こしてロシアの力を見せる
  • 大統領選挙で(インチキでもなんでもして)当選する。
  • オリンピックが終わってからだいぶたって暗殺する。

 が考えられます。
 オリンピックと関係ない騒動といえば、戦争か核実験くらいしか思いつきませんが、ほかを選ぶかもしれません。

 ちなみに、ロドチェンコフの死体が転がり出たときのトランプ大統領の反応は、「FBIは役立たずだ! フェイクポリスめ!」とかそんなんだと思います。

こりない(2017年12月)平成29年

 民進党の元代表で現在は希望の党の一兵卒前原センセイを主将として、民進党・立憲民主党・希望の党の野球経験者の議員たちが、カチマスとかいう名前の野球チームを作った模様。課金ガチャでもはじめそうな名前ですが……。3万円溶かせばSR前原が出るかもよ、みたいな。

 それはともかく、民進党再結集プロジェクト(?)の一環と思われるこのチーム結成。なぜ壊した人を主将にするのか。民進の天地は複雑怪奇。

 

 一方、民進党再結集プロジェクトは、ほかでも着々と進んでおり、連合の大会では、民進党の増子幹事長が立憲民主党と希望の党へ協力を呼びかけ。
 しかし、枝野代表は、慎重な構えを崩さず、立憲民主党バブル人気が崩れるまでは本格的な協力や、まして合流は難しいのではないかという状況。
 そして、希望の党の玉木代表は、積極的に発言できる立場ではないような雰囲気を醸し出しているように見えました。