2018年ロシア大統領選挙は3月18日。NHKは「クリミア併合の日だから」というが、実はこの日はキリスト教/東方正教会のシンフェロポリ・クリミア大主教を務めた聖ルカに関連する日である(2017年12月)平成29年

 一枚裏を知らないと何もわからない良い例のように思えます。

 2014年3月18日、当時のプーチン政権は、当初予定されていた日付をずらして、ロシア正教会が聖ルカ(もともとは有名な医者だそうです)にわりあてたらしい 3月18日 を併合の日にするよう各方面を調整しました。
 「そんなのに意味があるの?」というのは当然の疑問ですが、当時ギリシャの正教会メディアでは「聖ルカに祈ったらずっと治らなかった病気が治りました!」という奇跡がなぜかタイムリーにも掲載(=ロシアのクリミア併合を側面支援)されており、東方正教会圏内でシンフェロポリ・クリミア大主教であった聖ルカに対する崇敬はある程度広まっているのではないかと思います。であれば、この日にクリミア併合をおこなうプーチン大統領は実に信仰に厚い人物だという買い被りというかなんというかも期待できたはず。

 そして、今度の大統領選。
 同じ日付に選挙を持ってきました。
 クリミア併合の日だというのはその通りでしょう。
 しかし、本当に各方面に伝えたいメッセージは ↓ です。

 「神は言っている。プーチンに投票せよと」

 プーチンが死んだらロシア正教会はプーチンを列聖(=聖ウラジーミル)するのでは……。

 

 なお、聖ルカですが、クリミアで1996年の3月17日~3月18日に遺体(不朽体)が掘り出された時に、あたりにはかぐわしい香りが立ち込めたそうです。
 ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」では、皆に敬われていたゾシマ長老が、死体が早く腐ってひどい臭いがただよっただけで評価を下げてましたが……20世紀末でもロシア人は感覚が一緒や!

※この掘り出された日付と、ロシア正教会が指定している日付とその意味とがいまいちよくわからないので、一連の事情を少し勘違いしているかもしれないことを付記しておきます。