シリア和平協議は、予定通りにまったく進展なく終了(2017年12月)平成29年

 シリア和平協議は、予定通りにまったく進展なく終了したようです。

 直接対話すら実現せず。

 国連の特使は、「仲介を断念するつもりはないと強調」したそうですが、そりゃあんたは断念されないうちはクソ高い給料をいただけるんでしょうよ

 普通、ここまで成果が出なければ、責任とらされていいはずですが、モラル崩壊の国連ではなんの問題にもなっていないのか。

中期的なインパクトが不明(2017年12月)平成29年

 アメリカのトランプ大統領が、エルサレムをイスラエル国の首都として認めたことを受けて、てんやわんやになっています。

 いっぽう、国連安全保障理事会【UNSC】では、われらが日本が議長国となっています。
 この前までは「北朝鮮問題をめぐってどこまで存在感を示せるかが課題です」みたいなノンキな報道がされていましたが、にわかに日本にほぼ無関係な問題について議事進行しなければならなくなりました。
 下手を打てばイスラム諸国から憎悪を買うかもしれませんが、「日本はアメリカの犬だから責任能力はない」と正しく解釈してくれることを願うしかありません。

 ところで、この問題にまったく興味のない人にとっては、「トランプが首都として認めたからなんなん?」というところではないかとも思います。
 トランプもアメリカも宇宙法則をつかさどっているわけではないし、テルアビブから大使館をうつすといったって、事実上イスラエル国内の引っ越しだけでしかなく、別に土地を強制徴収して大使館の建物を建てるわけではないでしょう。

 ぶっちゃけ、無宗教のおおかたの日本人が思うように、今回の件は「要するにメンツの問題なのね」という結論で間違っていないと思います。

 それゆえにイスラム諸国の元首・首脳にとっても、メンツの問題だけでどこまでアメリカと対立するかというメンドクサい問題が発生しており、誰が誰を攻撃するのかまだよくわからない状況であるといえます。

 とはいうものの、どこかの国(イランを除く)がアメリカと本気で対立したり、大規模テロが起きたりすると、また悪い意味での盛り上がりが起きてくるかもしれません。
 中期的なインパクトが不明というのは、そういうことです。

キリスト教/“キエフ総主教”がモスクワ総主教に書簡を送ったそうですが(2017年12月)平成29年

 ロシアなどの報道によりますと、キリスト教/東方正教会の教会法上合法として認められていない(つまり、全地総主教庁および全地総主教庁とフル・コミュニオンの関係にある教会に含まれていない)“ウクライナ正教会キエフ総主教庁”のフィラレート総主教が、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)に書簡を送り、融和を求めたそうですが、なにか起こるのかといえば別に……。ウクライナの東方正教会の状況としていえば、クリミアの管轄権に関して、話し合う余地が全くないし。

 ただ、ブルガリア正教会がマケドニア正教会を傘下の教会として認めるやらなんやら(結局どうなったのかよくわかりませんが)、旧ユーゴ国際法廷で騒動があったりとか、東欧のキナ臭さが増していって、東方正教会がそれに関わっていくのではないかという様子はうかがえます。
 トルコ/イスタンブールの全地総主教庁も、最近予算が少ないのでは、と思われるフシもあり、東方正教会の大幅な再編から戦争騒ぎまで大きな動きにつながるかもしれません。
 しかし、なーんもかわらない可能性も高いですね

国連の戦争犯罪法廷で自殺したクロアチア人に、当時は対立していたモンテネグロのセルビア人軍人が弔意を表明(2017年11月)平成29年

 国連の戦争犯罪法廷で自殺したスロボダン・プラリャクSlobodan Praljak)ですが、クロアチア共和国大統領コリンダ・グラバル=キタロビッチ閣下(キタロヴィッチ大統領 : Her Excellency Ms Kolinda Grabar-Kitarović)が弔意を表明しているほか、当時は対立していたモンテネグロのセルビア人のヴェセリン・シュリヴァンチャニンベセリン・シュリバンチャニンVeselin Šljivančanin)も「収容されているときによく話したが、いいひとだった」と哀悼の意を述べているという状況。

 「自分だけが正義」と思い込んで、状態をぶち壊し、戦争に追いやった挙句、気に入らない連中だけを裁き、自殺に追い込んだりしている西欧とアメリカ。ドナルド・トランプ大統領は彼らの戯画化された姿であり、トランプが死ぬとき、それが西側の最終的な崩壊と第三次世界大戦の本格的な開始になるのである。
 めんどくせー。

裁判官は(2017年11月)平成29年

 裁判官はいいご身分だなあと思います。

 オランダの国際法廷ではクロアチアの被告を死なせ(これに対し現クロアチア大統領が批判的なコメント)、日本では反日判決の連続。責任を取らされることもなし(まあ、日本ではますます在日朝鮮人・在日韓国人への風当たりが強くなるだけですけど)。

 それにしても、銃規制もヘッタクレもないアメリカでは、裁判官が殺されまくっててもいいと思うんですが、そういう話きかないなあ。