結局、宗教はさして重要でなくなっており、エルサレム騒動は空騒ぎに終わるのではないかという観測(2017年12月)平成29年

 トルコ共和国大統領レジェップ・タイップ・エルドアン閣下(His Excellency Mr Recep Tayyip Erdoğan)が、「イスラエルはテロ国家」だとか「東エルサレムに駐パレスチナ国トルコ大使館を置く」とか言い出していますが、その一方でエルドアン閣下がやっているのは、シリアだかイラクだかわかりませんが、空爆でクルド人を殺し「テロリストを倒した」と称することです。この死んだ“テロリスト”の人数はエルサレム問題での死者数とは比べ物にならないくらい多いことを考えれば、エルドアン大統領にとってエルサレム問題はいろいろな方面をゆさぶって国益を増幅させるためのイベントでしかないのでしょう。きっとサンタクロースがくれたんですね。
 イランもノリは同じで、ぶっちゃけ自分がなーんもする気がないのに煽ってるだけです。

 他の中東諸国も似たり寄ったりで、長年アラブ世界で差別されてきたパレスチナ人を積極的に助けたい国があるわけもなし。ヨルダンはなんとかおさまってくれないと困るでしょうが。

 オバマがアラブの春【イスラム過激派の春】以降、雑な仕事を連発し、10億ドルをテキトーにシリアの反体制派にばらまき、その一部がアルカイダ系のアル=ヌスラ戦線に渡ったのに、たいした追及もされず。
 テロリストに大金を渡したことについてなんの反省もなく日本に来て鶴を折れば平和の人という……被爆者は評価してましたが、はっきりいいましょう、あなたたちはバカです。そんなんだから核兵器がなくなるわけがないのであった。

 むしろ、欧州が少し悲鳴を上げており、トランプに顔が似ているだけなのに刃物で顔を切られて重傷になった料理人のケースがある北欧レイシスト国家スウェーデンや(さっそくシナゴーグに火炎瓶が投げ込まれたそうな)、Brexit問題で混乱しきっているうえにブリテン・ファーストが暴れている英国、それにユダヤ人が一人でも殺されたらヤバいドイツ(「移民・難民を受け入れていたのは、ユダヤ人を“殺処分”するためだったのか! さすが第四帝国メルケル総統!」)、と、壊れるとしたらヨーロッパではないかという気がしています。

 中東はむしろ平和に落ち着き、欧州はボロボロ。
 そして、(運が良ければ)アメリカがやはり世界を指導しなければ、とこれまで通りのオチになりそうな、そんな予感がしています。

キエフで捕まってハンストしてたサーカシヴィリ元ジョージア大統領が自宅軟禁にうつされた模様(2017年12月)平成29年

 ポロシェンコ政権から、「ヤヌコーヴィチ元大統領の金で動いている」という謎の陰謀論の容疑(だかなんだか?)を受けて捕まって、ハンストをおこなっていたサーカシヴィリ元大統領ですが、自宅軟禁にうつされたとのこと。

 もうなにがなにやらですが、反ロシアとはなんも関係なく、ウクライナ内部の政局をかき乱す存在となり果てているサーカシヴィリがどうなるか。暇つぶしの材料のひとつとして注目していきます。

チェチェンのカディロフ首長が、「ウクライナは“大ロシア”に加入する」と発言(2017年12月)平成29年

 カディロフ首長によりますと、ウクライナのポロシェンコ大統領の子孫は、先祖(=大統領)よりも賢く、大ロシアで満足して暮らすだろうということです。いいたい放題やあ。

 ところでこの人は首長をやめるのではなかったのでしょうか。

ドネツク人民共和国がフィンランドのヘルシンキに代表部をオープンとか(2017年12月)平成29年

 2017年12月9日、ウクライナで戦争中のいわゆる親ロシア派のひとつ「ドネツク人民共和国」が、フィンランドのヘルシンキに代表部をオープンしたそうです。

 

МИД ДНРさんのツイート: "В Финляндии открылся Представительский центр ДНР #Финляндия #МИДДНР #Финляндия Сегодня, 9 декабря, в городе Хельсинки (Финляндия) состоялос… https://t.co/QvZYCTiHR2"

 

 設置したらなにがどうなるのかがよくわからんのですが、困惑やら心配している政治家連中も多数いる模様。

ウクライナで拘禁されたサーカシヴィリ元ジョージア大統領がハンガーストライキに入る模様(2017年12月)平成29年

これまでのサーカシヴィリ元大統領の展開:

 ジョージア【グルジア】で捕まりそうになったから逃げた。
  ↓
 ウクライナがロシアにヤられそうなので、反プーチンの代表者のような顔でウクライナにあらわれる。
  ↓
 ジョージア国籍を抹消され、ウクライナ国籍をもらってオデッサ州の知事に。
  ↓
 「汚職をしている政治家ばかりだ!」とウクライナの政治家たちと対立。
  ↓
 オデッサ州知事をやめるはめに。
  ↓
 ウクライナ国籍を抹消され、無国籍者になる。
  ↓
 ポロシェンコ大統領批判を強める。
  ↓
 警察が逮捕しにやってくるが、八階の建物の屋根にのぼり「逮捕するなら飛び降りるぞ!」みたいなことをいったとか。
  ↓
 多数の支持者が警察を妨害。
  ↓
 結局、つかまる。
  ↓
 ポロシェンコ政権は、サーカシヴィリはヤヌコーヴィチ元大統領の金で動いている(=いくらなんでもサーカシヴィリをロシアの手先とののしるのは苦しいので、ヤヌコーヴィチの手先という変化球的陰謀論を展開)。
  ↓
 ハンガーストライキを宣言。

 

 コメディアン?